NJSS会員利用規約

第1条

総則

1.株式会社うるる(以下「うるる」といいます)は、うるるが運営管理する入札情報速報サービスNJSS(以下、「NJSS」といいます)を利用する個人(NJSSを事業目的で利用する個人事業主に限ります。以下同じです)および法人(以下「会員」といいます)に対し、会員がNJSSを利用するにあたり遵守しなければならないルールとして、以下の通り規約(以下「本規約」といいます)を定めます。

2.会員は、本規約の内容を十分理解した上でその内容を遵守することに同意してNJSSを利用するものとし、NJSSを利用した場合には、当該会員は本規約を遵守することに同意したものとみなします。会員が本規約に同意した場合、会員とうるるとの間で、本規約を契約内容とするNJSS利用契約(以下「本利用契約」といいます)が締結されるものとします。

第2条

定義

本規約において、各用語は以下に定める意味を有するものとします。

(1)「NJSS」

うるるが運営管理する入札情報速報サービスNJSSをいいます。(理由の如何を問わずサービスの名称または内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)

(2)「会員」

満20歳以上で、NJSSを利用する個人および法人をいいます。

(3)「無料トライアル」

NJSSを利用する個人および法人が、会員登録日から8日間無料でNJSSを利用できる期間をいいます。同一法人による無料トライアルの利用は1度限りとなります。

(4)「有料契約」

会員がNJSS上のリンク先( https://www2.njss.info/plan/ )に記載されている有料サービスの利用を希望して締結する契約をいいます。

(5)「アカウント」

会員がNJSSを利用できる権利のことをいいます。

第3条

本規約の変更等

1.うるるは、運営上の必要に応じて本規約を変更、修正、削除、追加(以下「本規約の変更等」といいます)することができるものとします。この場合、うるるは、うるる所定の周知期間をもって、会員に個別に通知する方法またはNJSSのウェブ画面上に掲載する方法により、当該変更等の旨および変更等に関する内容を会員に通知するものとします。

2.本規約の変更等は前項に定める周知期間満了日の翌日から効力が生ずるものとし、会員は拘束されるものとします。

3.本規約の変更等が、会員の一般の利益に適合する場合または本利用契約の目的に反せず、かつ合理的なものである場合以外の場合は、うるるは、第1項に定める本規約の変更等に関する内容の通知または掲載を行った上で、うるる所定の方法により当該変更等について会員の同意を得るものとします。ただし、周知期間満了日の翌日以後会員がNJSSを利用する場合、会員は、本規約の変更等に同意したものとみなします。

第4条

利用資格

会員は、次条に定めるNJSSの登録手続きを行った時点で、本規約の内容に同意して頂きます。

第5条

会員登録

1.NJSSの登録手続きはNJSS上の申込みフォームに記入して申込む方法により行います。

2.以下の各号のいずれかに該当するとうるるが判断した場合は、登録を承認しない場合があります。また承認後であっても承認を取り消す場合があります。

(1)登録内容に虚偽または誤記があった場合

(2)実在しない個人または法人である場合

(3)他人名義でNJSSに登録した場合

(4)うるるに無断で他人に利用させる目的でNJSSに登録した場合

(5)不正の目的をもってNJSSを利用した場合

(6)過去に会員登録を抹消された個人および法人であると判明した場合

(7)うるるに無断で同一法人より複数回無料トライアルの利用があったと判明した場合

(8)うるるに無断で関係会社の利用が判明した場合

(9)反社会的勢力または反社会的勢力に協力・関与したこと等のある個人および法人であると判明した場合

(10)個人が事業目的以外の目的でサービスを利用する場合

(11)その他、会員として不適格とうるるが判断した場合

3.うるるが会員登録の申込を承諾しないまたは取り消した場合(以下「承諾しない等」といいます)、うるるは当該申込者に対し、承諾しない等の理由を開示したり説明したりする義務を負わず、承諾しない等によって申込者に生じる損害については一切責任を負いません。

第6条

NJSSの役割について

NJSSは入札等が円滑に行われるための情報を提供する場であり、入札業務を管理できる業務支援サービスです。

第7条

有料契約の契約種別および利用料金

NJSSの有料契約への申込みは、NJSS上の所定の方法(詳細はリンク先をご覧ください。 https://www2.njss.info/plan/ )により行うものとします。

第8条

本規約の変更等

1.NJSSの有料契約の契約種別および利用料金は、NJSS上のリンク先( https://www2.njss.info/plan/ )に記載されている通りとし、うるるが指定する銀行口座に振り込む方法によりお支払いいただきます。

2.利用料金のお支払いにかかる振込手数料は会員の負担となります。

3.利用料金のお支払いは一括支払となります。

4.NJSSの有料契約利用期間中に退会した場合、NJSSの利用権は退会した際に同時に失うものとし、残存期間相当分の利用料金の払戻しはできません。

第9条

有料契約の成立条件及びサービスの利用開始日

1.会員が、うるる所定の方法により有料契約を締結する意思を示し、当該有料契約に係る利用料金をうるるに振り込み、うるるにて当該入金の確認ができた場合は、会員とうるるの間で有料契約が成立します。

2.有料契約が営業日の17時までに成立した場合には、当該営業日が有料契約の利用開始日となり、有料契約が営業日の17時以降に成立した場合には、有料契約の利用開始日は当該営業日の翌営業日が有料契約の利用開始日となります。

第10条

NJSSに関する非保証等

1.NJSSは、官公庁が公示するすべての入札情報の取得や情報内容の真偽を保証するものではありません。以下のような事態の場合には、情報が取得されない、あるいは誤った情報が提供されることがあります。

(1)発注者のウェブサイトに情報提供されていない入札情報の場合

(2)電子認証等を保持しなければ取得できない情報、発注者の情報公開アドレスの変更、電気通信設備の障害、その他の事由により情報の収集が不可能だった場合

(3)NJSSのコンピュータシステムに第三者が侵入するなどして、情報が改ざんされた場合

(4)発注者が、入札の取り消しや入札情報の訂正を行った場合

(5)発注者の公開情報の誤り、その他の事由により、事実と異なった情報が発注者サイトに掲載された場合

(6)その他、運用上あるいは技術上、NJSSで情報取得が困難と判断した場合

2.前各号の事由およびその他の事由によりNJSSで情報取得されない、もしくは情報内容に誤りがあったとしても、うるるは会員または第三者が受けた損害について一切の責任を負わないものとします。

3.第1項各号のほか、うるるは、入札情報の内容・品質・水準、入札情報の安定的な提供、NJSSの利用に伴う結果などについては、一切保証しません。NJSSの利用における、不正確、不適切、不明瞭な内容、表現、行為などにより、会員および第三者に対して直接的または間接的な損害が生じた場合であっても、故意・過失の有無にかかわらず、うるるは、当該損害について一切責任を負いません。また、うるるは、会員に対して、アドバイスを行ったり情報提供を行ったりすることはありますが、アドバイスや情報提供の正確性、有用性、または会員の望む結果の実現に対して責任を負うものではありません。

第11条

登録内容変更の届出

会員は会員登録時に記入した内容に変更があった場合、直ちにマイページにて、変更を行います。うるるへメールまたはお問い合わせフォームを通じての内容変更依頼はできません。

第12条

更新

1.うるるは、会員に対して有料契約の利用期間満了日の25日前までに「契約更新のご案内」メールを登録されている会員の電子メールアドレスに送信することにより通知します。

2.会員は、NJSSの更新を希望する場合、メールに記載された更新料を支払期日までに支払うことで更新するものとします。

3.支払期日までにうるるにて更新料支払いの確認がとれなかった場合は、NJSSの利用を停止し退会したものとみなします。なお、当該会員がうるるに対して支払の未了がある場合は、退会後も当該支払いの義務を負うものとします。

第13条

退会

1.会員はNJSSを退会する場合、うるるにメールまたはうるるが指定する任意の方法にて届出を行うものとします。

2.うるるは、会員からの退会の届出を受領した場合、その旨を登録されている当該会員の電子メールにて通知し、有料契約の利用期間満了日をもって退会手続きを完了します。

3.うるるが指定する期日までに第8条に定める利用料金の支払が行われない場合、うるるは当該会員を退会させることができるものとします。なお、当該会員がうるるに対して支払の未了がある場合は、退会後も当該支払の義務を負うものとします。

4.うるるは、会員に対して、利用の如何にかかわらず、残りの契約期間分の返金は行いません。

5.うるるは、会員が退会した後、会員のマイページの設定内容やその他NJSSの利用におけるデータを、当該会員が退会した日から3ヶ月間保有しますが、それ以降はデータ保持等に関して何ら関与しないものとし、一切の責任を負わないものとします。ただし、当該会員からデータを即時削除するよう依頼があった場合は、保有している当該会員に係るデータの削除を行うものとします。

第14条

利用環境の整備

会員は、NJSSを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、NJSSを利用可能な状態に置くものとします。また、自己の費用と責任で、任意の電気通信サービスを経由してNJSSに接続するものとします。

第15条

自己責任の原則

1.会員は、NJSS(付随するサービスを含みます。)の利用に必要な場合、自らの判断及び責任において、自己の決算、組織情報等の秘密情報をうるるに提供するものとします。この場合、うるるは、秘密情報を善良な管理者の注意をもって保管し、うるるに故意又は重過失がない限り、秘密情報の開示に伴い会員に発生した損害について一切の責任を負いません。

2.会員は、会員によるNJSSの利用とNJSSを利用してなされた一切の行為とその結果について一切の責任を負います。

3.会員は、NJSSの利用によりうるるまたは他者に対して損害を与えた場合(会員が、本規約における義務を履行しないことによりうるるまたは他者が損害を被った場合を含みます。)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

第16条

ログインIDとパスワードの管理

1.会員は、登録したログインIDとパスワードを自己の管理の下で管理するものとします。会員は、会員資格・ログインID・パスワードを第三者に利用・譲渡・売買・貸与、その他形態を問わず処分することはできません。

2.ログインIDおよびパスワードを利用して行われたあらゆる行為は、第三者が会員本人の同意なく行った場合や不正に使用した場合であっても、ログインIDを保有している会員自身による行為とみなし、その責任を負うことに同意するものとします。また、その行為によって生じた一切の損害について、うるるは会員の故意や過失の有無を問わず一切の責任を負いません。

3.ログインIDおよびパスワードの情報が第三者に漏洩した場合、またはその虞がある場合、速やかにうるるまでご連絡ください。ただし、うるるは、当該ログインIDとパスワードによるNJSS利用の停止または終了を行うことはできますが、その情報漏洩によって生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。

4.会員は、ログインID等の盗用、紛失、第三者による不正利用に起因する、一時的なNJSSの使用停止等についての調査、生じた損害、得べかりし利益等の一切をうるるに請求できないこととします。

第17条

アカウントの管理責任

1.会員は、アカウントの管理責任を負うものとし、1契約で1アカウントまで発行できるものとします。

2.アカウントは、同一法人であり同一ドメインのメールアドレスに対して発行できるものとします。

3.アカウントの利用は、会員および会員から招待された利用者(以下「準会員」といいます)に限るものとし、同一アカウントでの複数ログインをうるるは制限できるものとします。

4.会員は、準会員に対し、会員に準ずるものとして本規約を遵守させるものとします。

第18条

NJSSの利用に関する禁止事項

1.うるるは、全ての会員に対し、以下に関連する行為を禁止します。会員が以下に該当する行為を行った場合、うるるは、その故意・過失であるかにかかわらず違反行為とみなすことができるものとします。

(1)うるるまたは他者の商標権、著作権などの知的財産権、プライバシー権、肖像権、その他の権利を侵害する行為、その他他人に経済的損害を与える行為

(2)NJSSを通じて入手した情報(うるるから提供した各種情報、サービス、提案書、報告書に関するもので、書面、磁気情報、電子情報、口頭などいかなる手段を問わず提供した全ての情報)を、複製、無断掲載、販売、配布、出版する等、内部利用の範囲を超えて使用する行為

(3)本規約もしくは法令に違反する行為、詐欺等の犯罪に結びつく行為、犯罪を扇動し、教唆する行為

(4)公序良俗に反する行為

(5)性行為や性的サービスを想起させる表現、わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待に相当する画像、文書等を送信もしくは表示する行為、またはこれらを収録した媒体を販売する行為、またはその送信、表示、販売を想起させる広告を表示または送信する行為

(6)医療・弁護・法的文書作成・旅行代理など許認可・登録・届出等が必要となる行為において無許可・無登録・無届等での行為

(7)うるるまたは他人に対して、プライバシーを侵害したり、名誉もしくは信用その他他人に精神的損害を与えたりする行為、ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為、大量または長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行う行為、大量のメッセージを送信する行為、義務や理由のないことを強要する行為

(8)人種差別、部落差別その他の差別を意識させる行為

(9)出会い系サービスに関連する行為

(10)脱法ドラッグ(いわゆる合法ドラッグ)に関する行為

(11)自身の詳細な個人情報またはうるるもしくは他者の個人情報(電話番号や住所等)を発信および公開する行為

(12)NJSS外でNJSSおよびNJSS付随機能を商業目的で利用する行為、無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、その恐れのあるもの、あるいはうるるが無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、その恐れのあるものと判断する内容を掲載する行為

(13)NJSSもしくはNJSSの一部(コンテンツ・情報・機能・システム・プログラム等)を使用・転用・転売・複製・送信・翻訳・翻案などして、いかなる手法を問わず商業・営業目的の活動、営利を目的とした利用およびその準備を目的とした利用をすること、その他NJSSの2次利用や複製行為

(14)契約期間中および契約期間終了後2年間の間において、自らまたは第三者(他の経営株主、経営株主の投資先および発行会社の役職員を含む。)をして、NJSSと競合する事業を直接または間接に行い、また行わせる行為

(15)システムクローラーやスクレーパー等の自動収集システムによる複製行為

(16)NJSSのセキュリティホールやバグの利用・不正アクセスや人為的な高負荷アクセスを発生させる行為、NJSSによりアクセス可能なNJSSの情報を改ざん、消去する行為、他者の設備またはNJSS用設備(NJSSがサービスを提供するために用意する通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為、NJSSを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングする行為

(17)NJSSにコンピュータウィルス等の不正プログラムを送信する行為、または他者が受信可能な状態におく行為

(18)NJSSを広告や宣伝・営業手段として利用する行為

(19)NJSSを翻訳・転載・引用・複写・コピーなどをして利用する行為

(20)他者になりすましてNJSSを利用する行為

(21)不正の目的をもってNJSSを利用した場合

(22)うるるからの連絡に対する不当な応答の遅延や無視を行う行為

(23)NJSSの運営を妨害した場合

(24)NJSSの利用料等、その他の債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否した場合

(25)うるるおよびNJSSの名誉を著しく毀損した場合

(26)ステルスマーケティング等に該当する行為、または、ステルスマーケティング等に利用する行為

(27)本規約のいずれかの条項に違反した場合

(28)その他、うるるが不適当と判断した行為

2.会員が前項各号に違反し、うるるまたは他者に対して損害を与えた場合、故意過失を問わず、会員は自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

3.本条第1項各号の内容は、本規約改定により適宜追加修正される場合があるものとし、会員は、NJSSの利用にあたり、常に最新の内容を確認する義務を負うものとします。

第19条

監視業務

1.うるるは、会員が本規約に従ったNJSSの利用をしているか、また、本規約に反する行為や不正がないかを監視する業務を独自の裁量で行う権利を有するものとします。

2.うるるは前項の監視業務を含めNJSSの提供上必要な範囲に限り、かつ必要に応じて、マイページ等の設定内容およびそれに準ずる事項全てを閲覧し、会員の本規約の違反行為または不正行為に対してうるるが適切と考える措置を行うことができるほか、本規約に照らして一部または全てを削除することがあります。うるるは、本項に基づきうるるが行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

第20条

第三者の知的財産権の尊重

1.会員は、第三者の知的財産権を尊重する義務を負います。

2.会員が前項の義務を怠ったことにより、権利者または権利者から許諾を受けた者との間で紛争やトラブルが生じた場合は、会員の責任と費用で解決するものとし、うるるは一切関与しないものとします。万一、うるるが損害を被った場合は、会員はうるるに当該損害を賠償する責任を負います。

第21条

NJSSの一時的な中断

1.うるるは、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、一時的にNJSSを中断することがあります。その場合、NJSSの利用・有効期限は延長される場合があります。

(1)NJSS用設備等の保守を定期的にまたは緊急に行う場合

(2)火災、停電等によりNJSSの提供ができなくなった場合。

(3)地震、噴火、洪水、津波等の天災によりNJSSの提供ができなくなった場合。

(4)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議、疫病等によりNJSSの提供ができなくなった場合。

(5)うるるの使用する設備やシステム等の障害、保守およびメンテナンス等の事由による場合。

(6)その他、運用上または技術上うるるがNJSSの一時的な中断が必要と判断した場合。

2.うるるは、前項各号のいずれか、またはその他の事由によりNJSSの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する会員または他者が被った損害について、本規約で特に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。

第22条

著作権侵害の場合の取扱

1.うるるは、第三者の知的財産権を尊重しています。

2.万一、NJSS内において、ご自身の著作物の著作権が侵害されている場合には、

(1)著作権が適用される国

(2)問題のあるNJSS内のURL

(3)どのような方法で著作権が侵害されているかの説明

(4)ご自身が著作権を保持しており、その権利が侵害されていると思われる著作権の種類

(5)ご自身の電子メール

(6)ご自身の氏名・住所・電話番号

をうるるまで電子メールもしくは郵送にてお送り下さい。

3.前項に基づき書面をお送り頂いた場合、うるるは当該侵害行為の措置等を検討しますが、それにより、うるるが何らかの行為を行うことを保証するものではございません。また、郵送頂いた書面は、いかなる場合でも、お返しすることができません。申出が、裁判所、検察庁、もしくは行政機関の命令に基づく場合には、命令に応じた対処をいたします。

4.著作権以外の権利の侵害については、本条に準じて取り扱うものとします。

第23条

NJSSの知的財産権

1.NJSSに含まれる工業所有権、ノウハウ、プログラム、著作権その他の知的財産権およびそれらに関連する全ての権利はうるるまたはそれらの所有者に帰属するものとし、会員は、あらかじめうるるより書面による承諾を得た場合を除いて、NJSSの模倣、NJSSに含まれるノウハウの使用、画像等の著作物、ロゴ、文章等の著作物を複製、翻案、公衆送信その他権利の侵害、その他前記各権利を侵害する行為などはできないものとします。

2.会員はうるるに対して、会員がNJSSを利用するために登録した会員情報をうるるのサービス提供に必要な範囲で使用することを永続的に許諾するものとします。

第24条

免責

1.会員は、NJSS上で作成したデータなどについて、自己の責任において保存するものとします。うるるサーバー側では、これらのデータの保存内容について保証しないものとします。また、会員はうるるに対し、NJSSで保存するデータの消失、第三者に対するデータの漏示・漏洩又はサーバーの稼動停止によって生じ得る損害、責任について一切を免責するものとします。うるるは、同データ等が消失(本人による削除は除きます。)し、または他者により改ざんされた場合は、技術的に可能かつ合理的な範囲でデータ等の復旧に努めるものとします。この復旧への努力の程度は、うるるがその裁量で判断決定することができるものとします。

2.会員が利用した機器・回線・ソフトウェア等により生じた責任および損害、ならびに、会員がNJSSを利用する上での過誤による責任および損害は、会員が負うものとし、うるるは会員の故意や過失の有無を問わず、一切責任を負いません。

3.うるるは、NJSSに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等が含まれていないことについても、一切保証しないものとします。うるるは、NJSSに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等が含まれていたことにより生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わず、会員および第三者に対して一切責任を負いません。

4.うるるは、サービス提供の状態、アクセスの可用性、使用の状態については一切保証しておりません。

5.うるるは、NJSSが会員の皆様に役立つよう最大限の努力を行いますが、会員に対するうるるの責任は、会員が支障なくNJSSを利用できるよう、合理的な努力をもってNJSSを運営することに限られるものとし、NJSSの内容において、欠陥、一時停止、一部削除、変更、終了およびそれらが原因で発生した会員または他者の損害、NJSSの利用によりまたは利用できなかったことにより発生した会員の損害、ならびにNJSSに起因する会員または他者の損害に対し、いかなる責任も負わないものとし、損害賠償義務を一切負わないものとします。

6.前各項にかかわらず、何らかの理由でうるるが会員に対し損害賠償の責を負う場合においても、うるるの責任は、当該会員に関しうるるが過去6ヶ月以内に受領した当該原因となったサービスの利用料金を上限とします。

7.本規約の他の定めにかかわらず、消費者契約法が適用される関係にあるユーザーに対して、うるるが自らの帰責事由により損害を与えた場合、次の各号に定める範囲でのみその損害を賠償する責任を負います。

(1)当社の故意又は重過失による場合:当該損害の全額

(2)前号以外の場合:現実かつ直接に発生した通常の損害(特別損害、逸失利益、間接損害及び弁護士費用を除く。)の範囲内とし、かつ当該会員に関しうるるが過去6ヶ月以内に受領したNJSSの利用料金を上限を上限とします。

第25条

NJSSの提供の変更・中止

1.うるるはNJSS上での告知の上、NJSSの一部または全部を変更もしくは終了することができるものとします。

2.うるるは、前項の通知を行った後にNJSSを終了した場合に、会員に対して、NJSSの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとし、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わずに一切責任を負いません。

第26条

本規約の違反への対処

1.うるるは、会員が本規約に違反した場合もしくはその虞のある場合、会員によるNJSSの利用に関し他者からNJSSにクレーム・請求等がなされ、かつうるるが必要と認めた場合、またはその他の理由で不適当とうるるが判断した場合は、当該会員に対し、次のいずれかまたはこれらを組み合わせた措置を講ずることができます。

(1)本規約に違反する行為またはその虞のある行為を止めること、および同様の行為を繰り返さないことを要求し、これらを裁判上の差止請求として実現すること

(2)他者との間で、クレーム・請求等の解消のための協議(裁判外紛争解決手続きを含みます。)を行うことを要求すること

(3)会員の強制退会を行うこと

(4)会員がNJSS上で発信または表示する情報の全部もしくは一部を削除すること

2.前項の規定は第15条その他本規約に定める会員の自己責任の原則を否定するものではありません。

3.会員は、本条第1項の規定がうるるに同項に定める措置を講ずべき義務を課すものではないことを承諾します。また、会員は、うるるが本条第1項各号に定める措置を講じた場合に、当該措置に起因する結果に関し、うるるを免責するものとします。

4.会員は、本条第1項の措置が、うるるの裁量により事前の通知なく行われることを承諾します。

第27条

損害賠償

会員が本規約に掲げる禁止事項に違反し、または、不正もしくは違法な行為を行ったことによりうるるまたは第三者に損害が生じた場合、会員はその一切の損害(弁護士費用、うるるが第三者に行ったお詫びもしくは謝罪広告の費用を含む)をうるるに賠償する責任を負います。

第28条

個人情報の収集目的

1.うるるは、個人情報およびそれに類する情報をうるるが定めるプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱うものとします。

2.うるるおよびうるるグループ会社(うるる子会社および持分法適用の会社をいい、以下うるるおよびうるるグループ会社を総称して「うるるグループ」といいます。)の事業における情報提供、その他の活動(広告・宣伝メールの送信を含みます。)のため会員の連絡先(会社名(ある場合)・氏名・住所・電話番号・メールアドレス)を下記の通りうるるグループに提供することに同意したものとします。

<共同利用によるお客様個人情報の共有>

(1)共同利用の目的

うるるグループの当該事業における情報提供、その他の活動(広告・宣伝メールの送信を含みます)のため

(2)共同利用される個人情報の項目

会社名(ある場合)、氏名、住所、電話番号、会社名、メールアドレス、登録申込での記載情報

(3)共同利用する者の範囲

うるるグループ、NJSSについては下記URLに記載する提携代理店および業務委託先

https://www2.njss.info/agencies/

(4)取得方法

うるるグループにおける、WEB上の入力フォーム、契約書、メール、FAX、ハガキ、アンケート、口頭(電話等)、その他書面等による取得。

(5)提供の手段または方法

パスワードもしくは暗号化による保護を実施した上での、メールや電子媒体による提供

第29条

(広告等の配信)

うるるグループは、会員がNJSSの会員登録時に登録したメールアドレス、FAX番号、住所宛にNJSSおよびうるるグループが運営するNJSS以外のサービスに関する電子メール広告、FAXDM広告、DM広告等の広告を配信、発送することができ、会員は当該広告の受信または授受に同意するものとします。

第30条

反社会的勢力の排除

1.会員は、以下の各号について表明し、保証したものとします。

(1)自己、または自己の役員、重要な地位の使用人これに準ずる顧問等、経営に実質的な影響力を有する株主等(以下総称して「自己の役員等」といいます。)が、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会的勢力(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)ではなく、過去にも反社会的勢力でなかったこと、また今後もそのようなことはないこと。

(2)自己、または自己の役員等が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しておらず、また今後もそのようなことはないこと。

(3)自己、または自己の役員等が、反社会的勢力を利用していないこと、また今後もそのようなことはないこと。

(4)自己、または自己の役員等が、反社会的勢力に対して賃金等を提供し、または便宜を供給するなど、反社会的勢力の維持運営に協力し、または関与していないこと、また今後もそのようなことはないこと。

(5)自らまたは第三者を利用して、相手方および相手方の役職員、株主、関係会社、親会社、顧客、取引先等の関係先等(以下総称して「関係先等」といいます。)に対し暴力的行為、詐欺、脅迫的言辞を用いず、相手方および相手方の関係先等の名誉や信用を毀損せず、相手方および相手方の関係先等の業務を妨害しないこと。

2.会員が前項のいずれかの事項の表明、保証に違反する場合、うるるは会員と締結したあらゆる契約を解除することができるものとします。

第31条

本利用契約に基づく地位または権利義務の譲渡等

1.会員は、うるるの書面による事前の承諾なく、本利用契約上の地位または本利用契約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとします。

2.うるるはNJSSにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本利用契約上の地位、本利用契約に基づく権利および義務ならびに会員の登録情報等を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第32条

有効期間

会員とうるるの本利用契約は、会員について第5条に基づく登録が完了した日に効力を生じ、当該会員が退会した日またはNJSSの提供が終了した日のいずれか早い日まで、うるると会員との間で有効に存続するものとします。会員はかかる契約の終了に伴い、NJSSを利用する権利を失うものとします。なお、第10条、第15条、第18条、第22条、第23条、第24条、第26条、第27条、第34条、第35条その他契約終了後も存続させることが適切な規定は契約終了後も存続するものとする。

第33条

通知または連絡

会員への通知または連絡が必要な場合には、メール、サイト上での通知または郵便を用いて行います。会員が、うるるに対し連絡が必要であると判断した場合には、電話、メールまたは郵便を用いて連絡を行うものとします。

第34条

専属的合意管轄裁判所

会員とうるるの間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を会員とうるるの第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第35条

準拠法

本規約に関する準拠法は、日本法とします。

付則

本規約は、2008年9月1日から適用されます。
2009年1月27日改定
2009年3月24日改定
2009年10月16日改定
2010年9月16日改定
2011年2月22日改定
2011年8月9日改定
2012年3月28日改定
2012年6月1日改定
2015年7月1日改定
2015年8月10日改定
2015年11月27日改定
2016年9月29日改定
2020年1月29日改定
2020年4月1日改定
2021年7月26日改定
2022年6月8日改定

<ご利用推奨環境>

NJSSのご利用に関しては、下記OSと下記バージョンのブラウザのご利用をお勧めいたします。
【Windowsをお使いの場合】
推奨OS : Windows8以降
Google Chrome最新版
Microsoft Edge最新版
Mozilla FireFox最新版

【Macintoshをお使いの場合】
推奨OS : Mac OS X以降
Google Chrome最新版
Mozilla FireFox最新版
Safari最新版

株式会社うるる
代表取締役 星 知也

入札案件を条件から探す