NJSSとは

国内最大級の入札情報サイト

NJSSは官公庁、公的機関のwebサイトから入札情報や応札・落札情報を収集し、提供するサービスです。

日々掲載される入札案件に関わる必要な情報が整理されており、豊富な入札情報の中から、お客様にあった案件が見つけられます。

入札情報提供までの流れ

官公庁・公的機関のwebサイトに公示されている入札案件を、NJSSスタッフが目視・手作業で収集を行い、NJSS上に情報を掲載してお客様に提供するサービスです。

一般的に官公庁のwebサイトは、入札情報が探しづらい場合が多く、情報収集に手間がかかります。

NJSSでは、専門スタッフが定期的に官公庁のwebサイトより入札案件を収集し、NJSS上にまとめて情報を掲載します。 まとまった情報は様々な条件で検索が行えるため、収集にかかる手間を削減できます。

サービス・機能

NJSSでは入札情報の提供だけではありません。

  • 前日に登録された案件のメール通知機能
  • 応札・落札の入札結果情報
  • 競合他社が応札・落札した情報
  • 発注機関がこれまで掲載した案件の分析情報
  • 入札参加までのタスクや情報を整理できる案件管理機能

など、様々な機能がご利用いただけます。

NJSS導入のメリット

入札案件を探している場合

機関のwebサイトから自力で収集しているが、様々な問題が発生している。

  • 案件収集にスタッフの手間がかかる
  • 収集するスタッフのコストがかかる
  • 案件見逃しにおける、情報収集漏れが発生
  • 自社にマッチした案件が見つけられない

リソースの適切化やコストの削減、収集できる案件数の増加など、入札情報収集における問題点を解消いたします。

  • 自社で収集の 手間をかけずに、情報を集めることできる
  • スタッフが手作業で収集することに比べ、 コスト削減が可能
  • 全国7,000件を超える発注機関の案件情報を収集しているため、漏れなく案件を収集できる
  • 多数の案件情報を収集しているため、自社にマッチした案件を探すことができる

落札の確度を高めたい場合

現在入札を行っているが、落札が出来ない。

  • 落札できた数が少ないため、ノウハウが溜まらない
  • 案件に対して、適した入札金額がわからない
  • ライバルはどの様な案件に入札を行っているかわからない

事前に過去の情報を入手し戦略的に入札することで、落札の確度をあげることができます。

  • 落札金額や応札企業の情報など、落札関連情報が閲覧できるため、 ノウハウが無くても戦略的に入札が可能
  • 過去の落札情報から、適した入札金額を分析
  • ライバルの動向を把握し、分析ができる

営業の手段として入札を利用している場合

これまで以上に、営業のチャネルとして入札を利用したい。

  • もっと落札したいが、現状の取り組み方では限界がある
  • 落札したのは良いが、落札金額が小さい案件しか取れない
  • 探すにも、案件の情報量が足りない

豊富な案件から自社にマッチした案件を探すことが可能です。

  • 自社で情報収集することなく、入札案件が探せる
  • 過去の落札情報も閲覧できるため、落札金額が高いであろう案件を探すことが可能
  • 全国7,700件を超える発注機関の案件情報を収集しているため、選定する案件のボリュームに困らない

これから入札に参加しようとしている場合

入札に参加しようとしているが、そもそも入札自体よくわからない

  • 入札に関する情報があまりなく、困っている
  • 入札に詳しい人もおらず、相談できる所が無い
  • 機関のサイトがわかりにくく収集しづらい

弊社コンサルタントやアドバイザーのアドバイス、入札に関するコンテンツを提供し、入札市場への参加をサポートいたします。

  • 入札に関連する情報を、コンテンツとして提供
  • 入札アドバイザーが入札をサポート
  • 案件収集のプロが、機関サイトより情報を収集

※一部プログラム収集