入札マーケットが 次のステージになる

入札マーケットは年間で20兆円以上の契約がされている巨大マーケットです。 NJSSは「国内最大級の入札情報サイト」として、 年間150万件以上の入札案件の情報を提供しています。

中小企業から大手企業まで4,500件以上にご活用されています。

案件の掲載情報

24時間以内に登録された案件

3,059

現在受付中の案件

66,351

すべての登録案件

19,498,267

入札結果あり案件

15,582,442

情報収集機関

8,312 機関

入札案件、競合企業、発注機関を探してみてください

※ 検索バー左の「入札案件」「競合企業」「発注機関」を切り替えて検索してください

入札案件を条件から探す

利用実績

無料トライアル利用者数

268,000 人以上

2008年以降、「無料トライアル」をご利用いただいたID数です。

利用企業数

4,700 件以上

2022年3月現在、「NJSS」をご利用いただいている契約件数です。

NJSS利用発注機関数

990 機関以上

2022年7月現在、「NJSS」をご利用いただいている発注機関数です。

NJSSが選ばれる6つの理由

  • 01
    豊富な入札情報件数

    全国7,700件を超える発注機関の中から情報を収集しており、年間150万件以上の案件を収集しております。
    豊富な情報量で、お客様に合った案件や意外な案件などを見つけ出すことが可能です。

  • 02
    精度の高い情報

    入札案件については、PDF形式、テキスト形式など様々なフォーマットで掲載され、WEBサイト上の掲載場所も機関によって異なるため、クローラーによる自動取得のみでは漏れが発生する可能性があります。
    そこで、NJSSではクローラーによる自動取得と合わせて人が目視で各機関の入札案件を確認して掲載しております。

  • 03
    万全なフォロー体制

    お客様が1件でも多く案件を落札できるように、弊社サポートスタッフが全力でサポートいたします。
    NJSSの操作方法はもちろん、入札でお悩み事があれば、ご相談ください。

  • 04
    落札情報も掲載

    NJSSでは入札情報に限らず、入札結果(落札情報)も収集しております。
    過去の落札会社と金額を確認することが出来る
    ため、定期的に公示される案件の入札金額がある程度算出でき、落札の可能性も上げることが可能です。

  • 05
    競合企業の動向調査

    過去の落札実績から、落札会社の調査も可能です。
    落札の傾向やどの案件を落札しているか、またどの機関の案件を落札しているか
    など、同業他社の入札動向を探り、戦略的に入札を行うことが可能です。

  • 06
    業務の効率化が図れる

    NJSSの案件情報は毎月数万件追加される為、自社での収集では集めることが難しい件数となります。
    もし自社で毎月数万件を集める場合は、膨大な人件費がかかります。業務の効率化の面からも、NJSSはご活用いただけます。